外壁を意識している人

外壁を意識しながら街を歩いている人は少ないでしょう。もし、街中の住宅の外壁を意識している人がいるとすれば、それは住宅の建築に関係をしている人や住宅の営業マン、そして住宅を新たに購入したか、外壁塗装をそろそろしなければならないと考えている人かもしれません。つまり、外壁はほとんどの人がそれほど気にかけないものなのですね。つまり、外壁に対する興味を持っている人は専門業者か住宅を気にしているわずかな人だけなのです。

外壁塗装をするタイミングを逃すとどうなる?

外壁について気にしていないということは、外壁が劣化することにも気が付きにくいということなんですね。外壁は果物のバナナなどのように、何日も経過すると真っ黒になっていくというのであれば「そろそろ外壁塗装をしないとな・・・」となるのですが、外壁塗装をタイミングを見逃している人も多く、その結果住宅の劣化が早まり、本来であれば0年でも60年でも住むことができた住宅は30年以内に取り壊しをしなければならないことになってしまうのです。

実際に見て触ってみよう

外壁塗装で重要になってくるのは、実際に自分の目で見て触って見ることですね。目で見ることでわかるのは例えばカビやコケが生えてしまっている場合です。家の北側はお日様が当たりにくいため、カビやコケが生えてしまうことがありますが、そうなるとそろそろ外壁塗装をするタイミングなのです。また、ひび割れがある場合も塗装をしなければなりませんね。さらに、指で壁を触ってチョークのような白い粉が付くようであれば、ほぼ寿命と見て間違いないのです。

一括見積もりを利用すると、外壁塗装なら鎌ヶ谷で優れた施工会社を知ることができます。金額などで比較が可能です。